大阪総合福祉専門学校

oosakahukushi

スペシャリストを生み出す

大阪総合福祉専門学校には介護福祉士と社会福祉士の両方を目指すことができる学科として総合福祉学科があります。
福祉業界で仕事をするためにはさまざまな分野の知識や技術を習得していることが求められるため、それに対応できる人材を育成しなければいけません。
そのために総合福祉学科では、福祉に関して総合的な力を持っているスペシャリストを生み出すための教育をします。

大阪総合福祉専門学校ではさまざまな資格を目指すことができます。
まず、国家資格である介護福祉士に関しては卒業することで受験資格を得られるため、試験に合格すれば資格を得られます。
社会福祉士も国家資格であり、こちらは大阪総合福祉専門学校を卒業してから実務経験を1年積むことによって受験資格を得られます。

大阪総合福祉専門学校では介護福祉士の合格率が100%となっており、卒業生のほとんどは介護の現場で仕事をしています。
社会福祉士やケアマネージャーの資格を将来的に取得することも可能なため、福祉業界で仕事をしたい方にとっては素晴らしい制度が整っています。

福祉に関してはこれからの時代にどんどん需要が高まっていくことが予想できます。
高齢化が進んでいくことによって、福祉サービスを受けるべき人達が増えていくでしょう。
福祉のスペシャリストは色々な施設で求められているため、大阪総合福祉専門学校の卒業生は社会的にとても需要があり、期待されています。

大阪総合福祉専門学校で充実した学生生活を送れる

大阪総合福祉専門学校では学費支援制度がとても充実しています。
学費の心配をしている方は多く、中にはアルバイトをたくさんして何とかして学費を稼ごうと考えている方もいるでしょう。
しかし、それをしてしまうと、勉強に集中することができなくなってしまいます。

大阪総合福祉専門学校では高校生や社会人、大学生などを応援するための支援制度が整っています。
年間の学費を10万円から30万円程度減免する制度があるため、これを利用すれば学費の負担を減らすことができるでしょう。
大阪総合福祉専門学校はとてもアットホームな雰囲気のある学校であり、みんな仲が良くて、充実したスクールライフを送れるでしょう。

ゆとりのある時間割のため自分のための時間を十分確保することができます。
学内にはパソコン教室や実習室、演習室などがあります。
さまざまな年間行事が行われるため、仲間たちとの親交を深める機会に恵まれています。

スポーツ大会やクリスマス会、宿泊研修、3年生送る会といったイベントがあり、それぞれ盛り上がっています。
将来福祉の分野で働きたいと考えている方にとってはとてもよい学校です。