大阪保健福祉専門学校

実学教育と人間理念

現場で即戦力として活躍できる人材を育てるために、仕事に必要な資格や知識、技術を身につけ、業界が求める行動力や応用力を養成します。
職務キャリアや指導経験が豊富な講師陣によるきめ細やかなサポートと、業界の変化を先取りした最先端の設備を使った授業を展開しています。

そして身につけた知識や技術を発揮する上で必要な人間性を、授業や研修を通じて磨きます。
相手の立場に立った考え方や見方、誰とでもスムーズに行えるコミュニケーション能力、社会人としてのマナーやマインドを養っていきます。
海外の施設などでも研修を行ないますので、国際的に通用する力も磨けます。

業界とのパイプを活かして、現場の求める技術を養い、人間性を備えた人材育成を行なっています。
地域ボランティアや学園祭などと、地域に根付いたイベントも行ない、一般に開かれた活動を積極的に行ないます。

本校は1997年の開校以来、教育環境や成果の向上に努めてきました。
第三者評価によって、専門職を養うための理念や目的がどのようになっているか、支援や成果はどうかなどを判断し、一定の評価を得ています。
学科としては看護士を目指す方のための看護学科、介護福祉士を目指す方のための介護福祉科、社会福祉士を目指す方のための社会福祉科などがあります。

JR地下鉄新大阪駅より徒歩5分という場所にありますので、とてもアクセスしやすく、通学するのにとても便利な場所にあります。

最先端の設備

プロが使用する設備を整えており、業界の環境を実現し、そのような設備で学びながら、確かな実践力を身につけていきます。

・福祉実習室
介護実習のための介護用ベッドを備えており、一般家庭を想定した畳の和室もあります。
入浴実習室では、一般家庭用のバスタブから、介護施設にある特殊浴槽、洗髪用シンクまでと、さまざまな入浴設備を整えています。

・看護・医療実習室
病院の受付やナースステーションを再現し、医療事務の実務を体験できます。
医療用ベッドや沐浴設備、手術用手洗いなどを備えており、病室に近い環境で実習が出来ます。

・その他の設備

視聴覚室では120名収容の大きな部屋になり、ビデオプロジェクターや電動スクリーンを備え、講師の授業を受けられます。
体育室は大きな窓から自然光が降り注ぎ、運動関係の実習や研修で使用します。
キャリアセンターには、病院や福祉施設からの求人情報があり、業界と学生を結ぶ拠点になります。

図書室には専門図書や資料を備えており、パソコンで目的の図書を探せます。
コンピューター実習室には、パソコンがありますので、課題などの作成で使えます。
家政調理実習室では、専門食の調理を行い、家庭全般の実習も行ないます。