近畿社会福祉専門学校

kinkisyakai

アットホームな雰囲気

近畿社会福祉専門学校は大阪府の守口市にあります。
平成6年に発足してから、毎年60名ほどの学生が卒業して、福祉施設で働いています。
近畿社会福祉専門学校の特徴はアットホームな雰囲気の中でゆとりのある学生生活を送れることです。

通常、専門学校は2年間と短い期間の中でみんながピリピリとした雰囲気の中で学習を進めていることが多いです。
近畿社会福祉専門学校はみんなが和気あいあいとした雰囲気となっており、先生は親身になって相談に乗ってくれて、学生と先生がのびのびとした気持ちでいます。
落ち着いた気持ちでしっかりと福祉についての勉強ができるのです。

介護の仕事で大切なことの一つが心配りでしょう。
介護をする側と介護を受ける側がお互いに相手の気持ちを理解しあうことが大切です。
そのような人間性を育成するための教育を重視しているのが近畿社会福祉専門学校です。

高度な専門性や技術を身に付けるためにマンツーマンによる少人数教育を実現させています。
一人ひとりに合った指導を実施しているため、それぞれが自分なりの速度で学習を進めていけるでしょう。
自分がきちんと理解するまで丁寧に指導してくれるため、焦ったり、あるいは退屈に感じることはありません。

近畿社会福祉専門学校の良い点

近畿社会福祉専門学校のキャンパスは守口市の中心部に位置しています。
最寄り駅である地下鉄谷町線の守口駅からは歩いて3分でアクセスできます。
また、京阪電車の守口市駅からも歩いて7分でアクセスできるため、とても便利な場所に立地しています。

閑静な住宅街の中にキャンパスが立地しているため、静かな環境の中で勉強を進めることができます。
勉強だけではなくて、学生生活も楽しむことができるでしょう。

就職難の時代が続いている中で近畿社会福祉専門学校は10年ずっと就職率100%をキープしています。
介護の現場では優秀な人材が求められているのですが、近畿社会福祉専門学校は何年もの間ずっと優秀な卒業生を各現場へと送り出していったのです。
その実績が高く評価されているため、たくさんの求人が集まります。

提携施設が存在しており、そちらへ優先的に就職できる体制が整っているため、就活に苦労することはないでしょう。
もちろん、自分から就職先を探すことも可能であり、それでも多くの方が良い職場を見つけることに成功しています。
就職指導もマンツーマンで行われるため、きちんと対策をした上で就職活動に臨むことができるでしょう。

大阪府内だけではなく府外からも入学している方は多いです。
マンションやアパートなどの斡旋業者を紹介してもらえるため、住む場所はすぐに見つけられます。
学校の近くには学生向けのマンションがたくさんあるため、とてもよい環境です。

近畿社会福祉専門学校では学園祭や新入生歓迎会などさまざまな行事があります。
充実したスクールライフを送りながら介護福祉の専門家になるための教育を受けられます。