広島福祉専門学校

hiroshima

専門的知識を特化させる

広島福祉専門学校には多数の学科があります。
その中でも介護福祉科は男女76名が定員となっており、2年制となっています。
社会のニーズに応えており、優秀な介護の人材を供給するための教育を行っています。

ケアワーカーを教育する学校としては日本では最も伝統のある学校の一つとなっています。
どのような方にも対応できるような介護者の育成に努めています。
学校の近くには福祉施設が設置されているため、実習体験ができる体制を整えています。

自分の中にある優しさを素直に表現できるようになるための教育をしています。
広島福祉専門学校を卒業することによって、介護福祉士の受験資格を得ることができて、さらに社会福祉主事の資格を得られます。
福祉の現場は専門化が進んでいるため、より専門的な知識を持った人材が求められるのです。

これからの日本の介護現場を引っ張っていく存在となるための教育を実施しており、卒業生はソーシャルワーカーとなったり、管理職を目指すこともできます。
カリキュラムはドイツやスウェーデンのものを参考にしています。
これらの国は介護教育が進んでいるため、それを参考にすることで本当に効果的な教育を実施します。

長い伝統があり、広島の福祉において多くの卒業生達が貢献してきました。
そのおかげで広島福祉専門学校の教育は高く評価されており、卒業生には強い期待が寄せられています。
そのため、求人もたくさんあります。

広島福祉専門学校の特色

広島福祉専門学校では色々な資格を取得できるチャンスがある点が特色です。
上記で紹介した資格以外にも、レクリエーション・インストラクターやキャンプインストラクター、救急法救急員の資格を取得できます。
希望者に対してはパソコン検定や福祉用具専門相談員の資格を取るための教育も行っています。

カリキュラムは介護に関わるものだけではなく、一般教養や実際の現場で役に立つ科目まで含まれています。
たとえばキャンプ指導法や歌唱百曲演習、就職指導といった特別科目もあります。
選択制のものとしては、リフレックスケアセラピーやアニマルセラピー、ナチュラルメイクセラピーなどの科目を選択することもできます。

2年間できっちりとした教育を受けることができるため、介護の現場で活躍するための力を養うことができるでしょう。
平成26年度時点で卒業生の数は1444人いて、それぞれの卒業生が福祉施設において力を発揮しています。
充実したキャンパスライフを送ることができるでしょう。

野外キャンプやスポーツ大会、謝恩会など学生同士が交流を深めるための機会に恵まれています。
人生の中でも特に良い思い出としていつまでも心の中に残り続けるでしょう。
広島福祉専門学校に入学すれば、素晴らしい仲間たちや講師の方とともに勉強をして、将来は介護の現場で働けるようになります。