群馬社会福祉専門学校

幼稚園の敷地内にある学校

本校は幼稚園の敷地内にあり、子供たちとの距離が近いので、学んで得た知識をすぐに幼稚園実習で実践できます。
日頃から子供たちと接する形の授業が行われますので、よりいっそう子供に近い距離で技術を身につけられます。
稚園の先生がどのような仕事をしているのも間近で見られますので、幼稚園経論や保育士を目指したい方には、とても良い環境の学校です。

本校の学生は通常の保育が終わる14時から18時頃まで、園児を預かる場合に、先生のアシスタントとしてお手伝いをします。
記念日に幼稚園児と一緒に工作物を作ったり、学園祭ではバザーを行ない、運動会と、子供達と接して学んでいく環境が整っています。

保育士や幼稚園教諭は保育教育のスペシャリストで、介護福祉士は介護のスペシャリストです。
しかし専門職でありますが、それ以前に自分の生活や自分自身を大切にして、基本の部分をしっかり育むことで、将来現場に出たときも人を大切に出来ると考えています。
専門職として仕事を行なっていくには、他者を認める必要もありますが、まずは自分を認めるからこそ、他者も認められることが出来ると考えます。

1学年は定員50名となっており、小規模クラス制となっており、全教員で学生をフォローしていきます。
担任はもちろん、他の教員も学生一人一人を大切にします。

3つの資格を取得できる

本校の大きな特徴として、卒業までに3つの資格を取得できます。
保育士・幼稚園経論・介護福祉士という3つの資格であり、まず最初の2年間で保育士と幼稚園経論を、そしてさらに3年目の1年間で介護福祉士の資格を得られます。
これから多様化する社会のニーズに応えられる、これら重要な3つの資格が得られるのです。
そのために学科は、福祉保健学科と介護福祉専攻科を用意しています。

・福祉保健学科

保育現場ですぐに役立つ手遊びやピアノ、歌や表現などの実技と演習、保育所や幼稚園、障がい者施設など実際の現場で学ぶ実習でカリキュラムは構成されています。

・介護福祉専攻科

介護の基本から認知症の理解や介護過程などの講義、介護現場での実践的な技術、コミュニケーション技術、手話や点字などの実技、高齢者施設や障がい者施設での介護実習などでカリキュラムは構成されています。

本校は新前橋駅より徒歩7分の場所にあり、とてもアクセスしやすい学校です。
学校では授業のみならず、サークル活動も行なうことが出来、学生生活をより充実させていけます。
ピアノ室や介護実習室など、仕事現場で行なうような技術を身につけるための、実習室や設備も整っています。
このような、保育と介護を学ぶための環境を学生に提供し、3つの資格取得に向けてサポートします。