東北医療福祉専門学校

touhoku

需要に応える

東北医療福祉専門学校では介護福祉士の資格を取得することが可能です。
学校では国家試験に合格するための授業を受けることができて、さまざまなノウハウを学べます。
社会では福祉に対するニーズが高まっているのですが、東北医療福祉専門学校ではそんな社会の需要に応えることができる人材の育成に努めています。

東北医療福祉専門学校では介護福祉士の受験対策ができるのですが、仮に試験に合格することができなかったとしても、卒業をして現場で5年間仕事をすると自動的に資格が取得できます。
したがって、東北医療福祉専門学校に通えばほぼ必ず介護福祉士の資格を得られるということです。
福祉の分野の教育においては長い実績があり、実務で力を発揮することができるスペシャリストを多数社会に送り出しています。

2年間できっちりと専門知識や技術を身につけさせる教育体制を用意しています。
福祉用具は揃っており、実習教室もあるなど、質の高い教育を受けさせる環境は整っています。
卒業をすれば、即戦力として現場で活躍できるだけの力を身につけられるでしょう。

介護福祉士の技術や知識を教えるだけではなくて、そのやりがいや楽しさのようなものも伝えています。
学校は福島県の郡山市に所在しています。
介護福祉士の養成課程となっているのは介護福祉学科であり40名を募集しています。

2年課程であり、卒業すれば介護福祉士や教育・社会福祉専門士、レクリエーション・インストラクターなどの資格を取得できます。
卒業した後には老人福祉施設や特別養護老人ホーム、身体障害者施設などで活躍している方が多いです。

東北医療福祉専門学校の魅力

東北医療福祉専門学校では奨学金制度を利用することができます。
介護福祉士等修学資金や財団法人日本興亜福祉財団奨学金制度、生命保険協会介護福祉士養成奨学金制度などがあり月に数万円の給付を受けられます。
返還の義務のない奨学金も存在しているため、経済的に学校へ通うことが困難な方でも安心です。

東北医療福祉専門学校では復興支援のためのさまざまな活動や交流も行っています。
これに参加することによって、地域への貢献を果たせるため、学生生活がより価値のあるものとなるでしょう。

就職先は恵まれており、色々な施設で東北医療福祉専門学校のOBが活躍しています。
東北医療福祉専門学校の卒業生の評判は良いため、卒業すれば自分の力を証明できるでしょう。

東北医療福祉専門学校は福島県では初めてとなる介護福祉士養成校として開校した歴史があり、多くの信頼を得ていて、たくさんの実績があります。
学校は郡山駅から歩いて10分の場所にあり、好立地であり登校しやすいです。
レベルの高い教育を実施しているため、満足できるでしょう。