東北保健医療専門学校

豊かな力と工夫する力

職業実践的な教育に特化した学校であり、キャリア教育、職業教育を充実させるために、熟練した実務経験を基礎とした知識や技能を教授し、保育医療の学校として使命を果たします。
学生には、教育理念や校訓に基づいた姿勢や心がけをさせるようにしており、一人一人のキャリア形成を支援するために、入学後からはすぐに目標意識を持ってもらいます。
教員は職業人としての、態度形成や実務能力の育成に取り組んでいます。

理学療法科」「作業療法科」は3年課程であり、「介護福祉科」は2年課程であり、卒業と同時に理学療法士・作業療法士・介護福祉士の受験資格を得られます。
「医療秘書科」では医療秘書コースと、薬局コースがあり、幅広い資格取得を目指します。
「医療情報管理科」は診療情報管理に必要な知識、そして電子カルテなどの知識や技術を学び、医療事務のスペシャリストになるべく学んでいけます。
本校は、JR仙台駅から徒歩5分という好立地にあるために、通学にとても便利な場所にあります。

本校の特徴

本校では、高齢化が進む日本で、より一層の活躍を期待される職業の理学療法士・作業療法士・介護福祉士・医療事務員などの養成を行っています。
同じ志を持つ仲間や教師とともに、学校のさまざまな特長を活かし、最先端の知識と技術を学べます。

・経験豊富な教師陣

実務経験が豊富で熱意溢れる教師達が、医療現場で求められている人材になるよう学生を徹底教育します。
学生との距離が近く、学生が抱える悩みや苦しみを惜しまず親身にサポートします。

・最新実習設備が充実

実際の職業現場と同じ実習設備で学ぶことができ、医療や福祉業界で即戦力となる力を身に付けられます。
校内に無線LANアクセスポイントをいくつも設置し、校内でインターネットに接続ができます。

・学生サポート室を中心に学習支援体制

学生サポート室を設置しており、日々の学習や生活をサポートします。
サポート担当教員を中心にして、学生の入学から卒業までの安心できる環境を作ります。クラス担任制なので学生一人一人に丁寧に指導が出来ます。
さまざまな学習支援体制を用意し、支える教育を実践しています。

本校の大きな特徴として、学生全員にiPadを配付ということもあり、次世代の新たな形式の教育を行なっています。
iPadを使うことにより、充実のeラーニングやどこからでもアクセス、情報をすぐにインプットできるなど、新しい教育の道を開きます。

・5学科連携や交流により幅広い医療や福祉現場を知る

理学療法科、介護福祉科、作業療法科、医療秘書科、医療情報管理科と5学科それぞれが連携した実習を行なうことにより、他職種との関わり方や、他職種の仕事理解を深めていきます。