仙台医療福祉専門学校

sendai

希望する求人を見つけやすい

仙台医療福祉専門学校には介護福祉学科があります。
こちらは介護福祉士養成課程であり、資格を目指すことができるのです。
介護の仕事を専門的に行えるスペシャリストを育成するための教育をしています。

宮城県内では初めてとなる介護福祉養成校が仙台医療福祉専門学校です。
そのため、長い歴史と伝統があり、これまでにたくさんの卒業生が介護福祉士として活躍しています。
定員は100名を超えており、大規模な学校となっています。

そのため、求人はたくさんあり、多くの職場の中から自分の希望する条件を出している求人を見つけやすいです。
仙台医療福祉専門学校を最初に卒業した方は既に40代となっています。
卒業生が各施設でベテランとなっており、仙台医療福祉専門学校の教育はとても信頼されています。

役職者として仕事をしている方も多く、東北6県を中心にして多くの地域で卒業生が活躍しています。
そのため、仙台医療福祉専門学校を卒業した学生は優秀であるというイメージが定着しています。
2015年時点で卒業生は約4,500人以上もいます。

東北地方で介護福祉士の資格を所有している方が約3万人のため、そのうちの7人に1人が仙台医療福祉専門学校の出身者となっています。
このように、東北で介護福祉士を目指す方にとっては、真っ先に選択肢にあがる学校が仙台医療福祉専門学校なのです。
それぞれの学生にきちんと向き合って、個人に合わせた教育を実施しているのが特徴的です。

仙台医療福祉専門学校の良い点

仙台医療福祉専門学校ではさまざまな資格や検定を取得できます。
介護福祉士だけではなく、福祉レクリエーションワーカーやレクリエーション・インストラクターも取得可能です。
主な就職先としては、介護老人福祉施設やデイサービスセンター、有料老人ホームなどがあります。

就職サポートがしっかりしている点が特徴であり、安心して就職活動を進められるでしょう。
介護実習に力を入れており、実際に就職した後のことも考えた内容となっています。
実習は長期間にわたって行われるため、じっくりと実力をつけていくことができるでしょう。

設備が整っていて、現場の事情に精通している先生が在籍しているため、教育環境は充実しています。
経済的に進学が困難な方に対して色々な学費支援制度が用意されています。
授業料を減免してもらったり、奨学金を受けることができるため、お金の問題を解決できます。

授業だけではなくて、たとえばクラブやサークル活動が盛んです。
体育館があり、とても大きな施設内で学生は色々な活動をしています。
このように充実した学生生活を送ることができる点は大きな魅力となっています。