北日本医療福祉専門学校

kitanihon

短期間で集中的に学べる

北日本医療福祉専門学校は介護福祉科があり、カリキュラムがとても充実しています。
介護福祉士の仕事は高い専門性が求められるため、それを養うためには学生時代のうちからしっかりと色々な知識や技術を習得しなければいけません。
そのため、北日本医療福祉専門学校では2年間という短い期間ですが集中的に色々なことが学べるようにカリキュラムが工夫されているのです。

その結果、単に介護福祉士の資格を取得するだけではなくて、実践で役に立つ高度な能力を身につけられることを目標としています。
中身がとても濃い授業を受けられるため、どんな現場でも活躍できるスペシャリストになれるでしょう。
実際に授業を担当している先生たちは介護の現場がどのようなものであるのかを知っています。

校外での介護実習も行っており、さまざまなことが学べるでしょう。
施設や設備は充実しており、快適が学生生活を送れるようになっています。
北日本医療福祉専門学校ならではの色々な特別講座も用意されていて魅力的です。

たとえば、介護研究という講座があり、実際に論文を執筆して、それを発表します。
自分で課題を設定して、それについて考えるという作業を進めることによって、介護福祉についてより理解できるようになるでしょう。
介護美容実習というカリキュラムもあります。
こちらは福祉美容技術を身につけることを目的としています。

介護職士3級の資格認定講座もあります。
こちらは希望者のみであり、介護の食に関する視点を学べます。
介護を受ける方の健康面に配慮できるように栄養や調理について勉強できます。
この他にも色々な特別講座を用意している点が特徴的です。

北日本医療福祉専門学校ならではの魅力

北日本医療福祉専門学校の介護福祉科では色々な資格取得を目指せます。
福祉住環境コーディネーターや認知症サポーター、介護職士3級といった資格取得を応援してくれます。
これらの資格は介護の現場で働く際にきっと役に立つでしょう。

こちらを卒業した方達が働いている現場としては、特別養護老人ホームやグループホーム、通所介護事業所などがあります。
2年間の中で4回の介護実習があり、校外で受けられます。
段階的に自分の技術を高めていくことができるため、評価が高いです。

コミュニケーション力を身につけることができて、責任感や判断力などを養うことも可能です。
介護実習では日常生活の介護から学びます。
次に各種介護について実習をして、介護計画の立案やチームケアについて学び、最後には総合的な介護実習に参加します。

実習を経験することによって、学校と現場の違いを肌で感じることができて、将来の仕事に役立てることができます。
このように色々な点で魅力的な要素が多いです。