iキャリア医療福祉専門学校

介護福祉科

介護福祉士の資格を取得したい方のための学科であり、体や精神機能が低下して、日常生活を送るのに支障がある人に対し、専門的知識と技術を持ち、食事や排泄、入浴や外出などの介助や介護を行ないます。
介護を必要とする本人はもちろん、家族に対しても助言やアドバイスも行ないます。
生活面での手助けし、精神面のケアや彼らの生活の自立をサポートします。

カリキュラムは、基礎分野では人間と社会の理解を行い、専門科目ではコミュニケーションや介護過程、心と身体の仕組みを学び、実習では、基礎分野・専門科目で修得したことを元にして、学生同士での衣類着脱、ベッドから車椅子への移動、飲食しながらの食事介助などを行ないます。
その他にも、地元の福祉施設と協力して、食事介助や入浴介助などの実践的な実習も行ないます。

卒業すると準介護福祉士の資格が与えられ、介護福祉士受験資格も与えられます。
その後試験に合格すると資格を得られますが、不合格でも5年間の施設や現場で勤務を続けると資格が得られます。

授業では、レクリエーション活動援助法があり、これは施設の対象者として人間交流を行ないコミュニケーションをスムーズに進めるための技術や知識を身につけるものであり、介護福祉士の知識のみならず、仕事では利用者などとのコミュニケーションもスムーズに出来ないとなりません。
このために、コミュニケーションのはかり方、さらには健康作りや体力作りなどを行ない、仕事や地域活動を十分に行えるよう目指していきます。
そうして卒業してレクリエーションの力を身につけると、福祉の職場で施設利用者に日常のレクリエーションやイベントを行ない、これらを通じて利用者と円満な関係を築きます。

医療事務福祉学科

本校には、介護福祉科の他にも情報ビジネス学科、そして医療事務福祉学科があります。

医療事務福祉学科では医療事務を目指し、医師の診療に基づいて、医療保険の支払機関に提出するリセプトを作成するのが医療事務です。
その他にも、会計などの事務処理を行ない事務仕事全般を担当します。
事務のみならず、患者や医師、看護婦や医療関係者との橋渡しも行い、これらの人々がスムーズに仕事が出来るように、書類などを整えます。
最近ではメディカルクラークと呼ばれる、秘書業務も行なう場合もあり、医師のスケジュール管理などを担当します。

資格取得はもちろんのこと、即戦力として活躍できる医療事務や秘書を目指します。
その中でレセプトの基本や専門的な知識、さらには実際に病院での実習を行ない、社会人としてのマナーや、患者様との接し方も身につけます。
最近の医療の発展により、より高度で最先端の医療器機を使いますので、そのような知識も求められます。