徳島健祥会福祉専門学校

kenshokai

現場のノウハウが知れる

徳島県にあり、福祉や医療の仕事を目指している方のための学校が徳島健祥会福祉専門学校です。
こちらには2年制であり、定員が120名の介護福祉学科があります。
ここでは介護福祉士の受験資格を得られる他にも、レクリエーション・インストラクターやゲートボール3級審判員の資格を目指せます。

介護の現場の最前線で力を発揮できるように総合的な教育を行っています。
これまでの長い歴史の中で培ってきた現場のノウハウや介護技術を伝授してもらえます。
科学的で本当に意味のある介護技術を学べるでしょう。

単に技術を習得するだけではなくて、高齢者の尊厳をきちんと守り、人間的な触れ合いを実践できるような人材育成をしています。
豊かな心を育てるための教育も実施しています。
プロフェッショナルとして自信を持って介護の仕事ができるようになるでしょう。

徳島健祥会福祉専門学校の特徴として、開校してからずっと就職率が100%となっています。
つまり、就職を希望した方はどこかの施設に必ず入ることができているのです。
これは徳島健祥会福祉専門学校の教育の成果であり、これまでに卒業生が多方面で活躍しているおかげでもあります。
徳島健祥会福祉専門学校についてこちらに解説しているサイトがあります。
>>徳島健祥会福祉専門学校【徳島の大学生・学生向け賃貸】

徳島健祥会福祉専門学校のメリット

徳島健祥会福祉専門学校のメリットの一つとして、グループ内施設での実習に参加できます。
社会福祉法人であり、グループでは実際に介護施設の運営をしているのです。
介護の現場を実際に体験しないと学べないことはたくさんあります。

実際の現場で効果的な実習を受けられるため、学生は大きく成長することができます。
個別指導をしており、担任制となっているため、きめ細かな対応を期待できるでしょう。
何か悩み事があれば気軽に相談できます。

海外にも目を向けた教育を実施しており、グローバルな教育を展開しています。
また海外研修に参加することができるため、将来は世界を視野に入れた活動もできるでしょう。
仮に海外で仕事をするつもりがなかったとしても、海外の現状を知ることはとても重要です。

奨学金貸与制度があるため、在学中に最高で160万円の貸与を受けることができます。
また、徳島県内の福祉施設で卒業後5年間仕事を続けることができれば、返還が免除されます。
徳島健祥会福祉専門学校は県内の介護の人材育成を目的としているため、上記のような制度を実現させています。

カリキュラムは授業と実習を中心としており、基礎から応用まで無理なく学べるようになっています。
卒業後のバックアップも行っており、勉強会や検討会をしたり、ケアマネージャーになるための受験対策も実施しています。
県内にあるさまざまな施設や医療機関において卒業生たちは活躍しています。
徳島健祥会福祉専門学校を卒業することによって、介護の現場で活躍できる立派な人材になれるでしょう。