西日本

oosaka

高まるニーズ

日本中で高齢化が進んでいるため、介護福祉士のニーズが高まっています。
たくさんの介護施設があり、どの施設でも介護福祉士は活躍することができるのです。
その専門的な知識と技術を用いて、介護を必要としている方達に介護サービスを提供します。

介護福祉士になるためには国家試験を受ける必要があり、そのための養成校は日本全国にたくさんあります。
もちろん、西日本にも介護福祉士を目指すための学校はたくさんあります。
どの学校であっても、介護福祉士の養成校であれば、そこを卒業すると国家試験の受験資格を得られます。

国家試験に合格することができれば、介護福祉士になれるのです。
専門学校では、国家試験の対策もカリキュラムに含まれていることが普通です。
学校での勉強を真面目に続けることによって、問題なく試験を突破できる力を身につけられます。
当サイトでは、西日本にある介護福祉士養成の専門学校を紹介します。

西日本にはどのような専門学校があるのか

西日本の各地域に色々な専門学校が存在しています。
当サイトではその中でも地域を代表するような歴史や実績のある専門学校を紹介します。
広島福祉専門学校や大阪総合福祉専門学校、近畿社会福祉専門学校などの記事を掲載します。

これらの学校は介護福祉士の養成校として認可されており、卒業すれば受験資格を得られます。
介護福祉士だけではなくその他の資格を目指すことができる学校も多いです。
教育環境が充実しており、将来介護の仕事をしたい方のために幅広い教育を受けられるでしょう。

介護福祉士となることができれば、将来は介護の現場で自分の能力を発揮しながら仕事を進められるでしょう。
リーダシップを持って介護業界を引っ張っていけるような人材の育成に力を入れている学校が多いです。
それぞれの記事では、どんなコンセプトにもとづいた教育が行われるのか、卒業生はどのような進路を選択して、どんな職場で働いているのかなどを紹介します。
それぞれの学校の魅力が伝わるような記事を目指しています。

>>徳島健祥会福祉専門学校
取得できる資格や学校のメリットについて

>>広島福祉専門学校
学校としての特色について

>>大阪総合福祉専門学校
どんな学生生活を実現できるのか

>>近畿社会福祉専門学校
介護福祉士養成校としての特徴

>>沖縄福祉保育専門学校
専門学校としての特色について