北海道福祉大学校

hokkaihukushi

即戦力として活躍できる人材

北海道福祉大学校は介護や福祉、保育のプロフェッショナルを育てるための教育をしている学校です。
札幌市の中央区にキャンパスがあります。
介護に関係のある学科は介護福祉学科です。

実践を中心としたカリキュラムを整えており、社会に出て即戦力として活躍できるような人材を育成しています。
介護福祉学科は1年課程と2年課程の2種類があります。
そして介護福祉士になることを目指した教育を受けることが可能です。

基本的なことから応用までしっかりと身につけられるような教育体制が整えられています。
実際の仕事の現場で役に立つ技術や経験を得ることが可能です。
そのため、単に机上の空論で終わることのない役に立つことを学べます。

たとえば介護の場合は生活支援技術を学ぶことができます。
日常生活をサポートするための介護技術は多岐にわたります。
それらを体系的にきちんと学習して実習経験をつめるように設備や施設が用意されています。

さまざまな実習を通して、実際の現場で役立てることができるテクニックを自分のものにできるでしょう。
また、北海道福祉大学校には姉妹校があるのですが、そちらと教育連携をしています。
たとえば、リハビリテーションの技術を学ぶことができるため、それによって介護に対する新たな見方が生じるでしょう。

社会環境が急速に変化している中で介護士に求められているものはとても大きいです。
そのため社会の要請にきちんと応えることのできる人材を育成するための教育を北海道福祉大学校は行っています。
こちらのページでも北海道福祉大学校が紹介されているためチェックしてみてください。
>>資料・願書請求、学校案内【リクナビ進学】

北海道福祉大学校の特色

北海道福祉大学校にはさまざまな特色があります。
どのような学校なのかを知りたい方はオープンキャンパスに参加してみましょう。
その際には無料の送迎バスが出るため気軽にアクセスすることができます。

学校見学の申し込みは随時受け付けています。
こちらのスケジュールに合わせてくれるため、都合の良い時に見学ができます。
進学相談会も行われているため、そこで自分は本当に介護に向いているのか、介護士を目指していいのかを相談できるでしょう。

メールによる進学相談も受け付けています。
このように入学前の方に対しても親切な対応をしてくれます。
介護福祉学科では国家資格である介護福祉士の他にレクリエーションインストラクターや普通救命講習修了証といった資格を目指すことができるのです。

実際の職業としては、介護福祉士やレクリエーションインストラクターを目指せます。
就職実績はとても良くて、就職率はほぼ100%に近いです。
サポートするシステムが充実しており、インターンシップに参加したり、就職を応援してくれるスタッフが助けてくれます。

早い段階で就職のための指導を実施しているため、手遅れになる心配はありません。
オリジナルのカリキュラムを用意しており、専門的な指導をきちんと受けられます。
このように色々な特色があり、おすすめできる学校です。