shoku

介護職一覧紹介

介護職の種類

介護職の一つがホームヘルパーです。
これは訪問介護員のことであり、介護を必要としている方の自宅を訪ねて、そこで実際に介護をします。
現在は在宅介護が重視されつつあるため、これからの時代においてホームヘルパーの役割は大きなものとなるでしょう。

基本的に無資格でも行える仕事なのですが、介護福祉士を取得していれば条件が良くなったり、採用されやすくなるでしょう。
ホームヘルパーに関する資格も存在しており、専門性が求められます。
それに加えてどのような高齢者であってもきちんと接することができるコミュニケーション能力も必要となります。

ケアマネージャー、あるいは介護支援専門員という仕事があります。
これは介護サービス計画、いわゆるケアプランというものを作成する仕事です。
どのような介護サービスを受けるべきか、その計画を考える仕事であり、ケアプランがないと利用できない介護サービスがあります。

利用者、あるいは家族からの相談を受けて、実際にどのような介護サービスを受けるべきか考えていきます。
要介護認定を受けさせたり、介護保険に関する細かい相談にも応じています。
ケアマネージャーに関する資格はたくさんあり、介護福祉士の方でも将来はケアマネージャーになりたいと考えている方は多いです。

実際にケアマネージャーが利用者を介護することはありません。
しかし、過去に介護の現場を経験したことのある方がケアマネージャーを目指すケースは多いです。
そのため、介護福祉士の資格を取得した後にケアマネージャーの資格を目指す方はたくさんいます。

その他の介護職

介護職は職場ごとに仕事内容が異なっていることが多いです。
いわゆる老人ホームで仕事をしている方達は朝起きてから夜寝るまでの間に生活全般の介護をします。
着替えや入浴を手伝ったり、食事介助をしたり、時には排泄介助も行います。

老人ホームの仕事の中でも排泄介助の仕事はできればやりたくないものでしょう。
一日になんども行う必要があるため、抵抗を感じる方は多いです。
しかし、どんな仕事であっても何度も繰り返していくうちにしだいに慣れていくものです。

レクリエーションを行うこともあります。
また、外出をすることもあり、仕事内容の幅はとても広いです。

デイサービスと呼ばれる仕事では、日帰り施設で介護サービスを提供します。
この場合は、まず自宅まで利用者を迎えに行くところから始めます。
そして、入浴や食事介助、レクリエーションなどをします。
デイサービスの場合は元気な高齢者が多く、遊びに来ている感覚で利用されている方も多いです。