sotugyo

卒業後の進路

様々なタイプ

介護福祉士になるための専門学校を卒業した後は、資格を活かして実際に介護の現場で仕事をすることになります。
基本的には専門学校が立地している地域にある介護施設で働くことになるでしょう。
色々なタイプの職場が存在しており、どこで働くのかを決めなければいけません。

介護福祉士を目指すならばどんな施設があるのかを覚えておきましょう。
まず、特別養護老人ホームという施設があります。
こちらには65歳以上のさまざまな方が入っています。

要介護度については軽度の方から重度の方まで。
入所施設であり、本人が亡くなるか、病院へ移るまでずっと入所を続けるのが普通です。
フロアごとに軽度と重度の利用者を分けているところもあります。

日常生活の支援を基本として、他にもレクリエーションをしたり、リハビリをします。
在宅で生活をすることが困難になった方が入所する施設です。
特別養護老人ホームは人生の最後の瞬間まで入所することが基本条件となっています。

そのため、こちらで働いている介護福祉士は利用者の人生の最後までを見届ける覚悟で仕事をしています。
費用があまりかからないため希望している方が多く、待機している方が増えている点が問題となっているのです。

介護老人保健施設という施設もあります。
こちらは介護保険法に規定されている介護保険施設の一つです。
病状が安定している要介護者のための施設であり、条件によっては40歳から64歳までの方でも入所できます。

基本的に一時的な入所となるため、利用者が自宅へ戻れるようにサポートをします。
機能訓練や健康管理などをして、自立した生活を送れるようになることを促します。

実際に介護福祉士の求人サイトを見ると将来の就職先をイメージしやすくなるでしょう。
興味のある方はこちらの求人サイトをチェックしましょう。
>>介護の求人を調べる【介護のお仕事】

介護現場紹介

通所介護事業所、あるいはデイサービスと呼ばれている施設があります。
こちらは65歳以上の方が対象となっており、自宅から通いながら利用する施設です。
自立した生活を送ることが困難な方に対して介護サービスを提供します。

要介護度は比較的低くて元気な方が入所していることが多いです。
デイサービスは比較的楽な現場であり、利用者は楽しそうにしているのが特徴的です。
ずっと施設にいるわけではなく、夕方になる頃にはみんな自宅へ帰っていきます。

そのため、経験の浅い介護福祉士でも仕事がしやすいため人気があります。
ただし、経験できる仕事の種類が限られているため、最初からデイサービスを希望するべきではないでしょう。
また、デイサービスといえどもきちんとしたサービスを提供することは大切です。