okane

専門学校学費の比較

年間でかかる費用

介護のための専門学校に通うにはお金がかかってしまいます。
かかる費用の内訳としては、授業料や入学金などは共通しており、他に実習着や実習費、教材費などがかかるでしょう。
年間にかかる費用としては基本的に100万円から200万円の間であることが多いです。

公立の学校であればもう少し安いところもあります。
しかし、基本的に専門学校のほとんどは私立となっているため、どうしても高い学費がかかってしまうのです。
年間にこれだけの費用を捻出するためには色々な準備をしなければいけないでしょう。

たとえば、現在仕事をしている方が、退職をして介護福祉士を目指すケースがあります。
その場合は、ある程度の貯金をしておかないと苦労するでしょう。
一人暮らしをしている方ならば、学費だけではなくて生活費も準備しなければいけません。

たとえ今実家暮らしをしていたとしても、近場に介護の専門学校がないならば遠くの地域にある学校に進学する必要があるでしょう。
そうなれば、マンションやアパートなどを借りて、毎月かなりのお金がかかります。
専門学校へ進学する前にどれくらいの費用がかかってしまうのか計算しておきましょう。

お金について把握しておかないととても苦労します。
学校によっては授業料を免除したり、奨学金を給付する制度が整っているところがあります。
学費免除に関しては学力が優秀であり、なおかつ収入が低い方が条件となることが多いです。

奨学金の中には貸与されるものと、返還不要で給付されるものがあります。
どのような制度が整っているかについては、それぞれの学校のホームページをチェックしましょう。

学費の比較

それでは実際に具体的な学校の学費を比較してみましょう。
たとえば、東京福祉専門学校では3年制の介護福祉士科では275万円かかります。
2年制の介護福祉士実践科では182万円の学費がかかります。

大阪保健福祉専門学校では2年制の介護福祉科で180万円の学費が発生します。
これらは在学中にかかる学費の合計であり、これに加えて諸費用や生活費などがかかります。
そのため、まとまったお金を事前に準備しておくことをおすすめします。

親に協力してもらえるならば、それに越したことはありません。
その場合でも在学中に自分でアルバイトをしたり、奨学金の申請をするなど努力はするべきでしょう。
学費の問題を解決しておかないと、安心して勉強を続けることができないでしょう。

学費に苦しんで勉強どころではないという方は意外と多いのです。
この学費の問題を解決すれば、介護福祉士になるための勉強に集中できるでしょう。